でもやっぱり飲みたい!口臭が緩和されるコーヒーの飲み方とは!?

968

「コーヒーを飲むと口臭がしやすくなる」、、、
コーヒーには、焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。
これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすく、また著しく口の中のpHを低下させると同時に飲みすぎると唾液分泌を抑制するからです。
口の中のpHが低下することが「コーヒーが口臭」を引き起こす原因とも言われています。

でも、、、、

やっぱり飲みたい!!

そこで今回は
口臭を緩和されやすいコーヒーの飲み方について簡単にご紹介させていただきます♪

まず、できるだけ”「深煎り焙煎」のコーヒーは避ける”

深煎りのコーヒーは苦みが強く、独特の香ばしさがあります。
しかし、深煎りではHHQと呼ばれるフェノール類の雑味が強く、口臭の原因になりやすいとのこと。
毎回深煎り焙煎ではなく、アメリカンローストやシティローストのものにしてみるのも良いかもしれません。

“カフェラテよりもカフェオレを”

カフェラテはイタリアで一般的なスタイルで、コーヒーと牛乳を混ぜたもの。
カフェの定番メニューでもありますが、ラテに使われるコーヒーは深煎り度100%のイタリアンローストを使用したエスプレッソがほとんど。
HHQもふんだんに入っています。
自宅で飲む場合はエスプレッソではなくドリップコーヒーを使用したフレンチタイプのカフェオレが口臭予防にはおススメです☆

“低温焙煎にトライ”

普通、コーヒー豆の焙煎は高温で行われ、煎る時間によって浅煎りか深煎りかが決まります。
時間が短いほど浅煎りで、香りはあまりたちませんがコーヒー豆の甘味やすっきりした酸味が楽しめます。
しかし、コクや香ばしさを求める人には物足りなく感じるでしょう。
そんな方にオススメなのが「低温焙煎」!
高温の深煎りのような香ばしさはありませんが、豆本来のうまみとコクは深煎りに負けていません。
すっきりとした味わいなのに深いコクも併せ持つ低温焙煎。

*いずれの場合も飲んだ後に人うちのお水を飲むことで
お口の中がリフレッシュされやすくなります。

気分転換に、仕事の休憩に、自宅でホッと一息。
やっぱり大好きなコーヒーは毎日楽しみたいもの。

エチケットのためにも、ほんの少し意識をするだけで
口臭を気にせずコーヒーを楽しむことができそうです☆