防災にオーラルケアが欠かせないワケ。

1712

災害時の口腔保健(オーラルケア)は、お口の健康だけではなく、身体の健康にも影響があるそうです。
避難所生活や水不足で口の中を清潔に保つことができないと、お口の中の菌でも身体に悪影響を及ぼす可能性が。

特に肺炎になりやすい高齢者の方は注意が必要みたいです。

今回は災害時に気をつけたいオーラルケアとオススメの商品をご紹介します。

(ハブラシがない場合の対処法)
1.食後に30mL程度の水やお茶でしっかりとうがいを。
ハンカチなどを指に巻いて歯を拭い、汚れをとるのも効果があるそうです。
2.だ液には口の中の汚れを洗い出す働きがあります。 水分をできる限りとり、
あごの付け根=耳の真下の部分をマッサージしたり温めたりして、だ液を出すよう心がけることが大切なんだそうです。

(防災バッグに液体ハミガキを)
液体ハミガキは、液体なのでお口のすみずみにまで広がり、万一の災害時のオーラルケアにも大きな効果が期待できるそう。

練ハミガキの代わりにお使いいただけるのが液体ハミガキ⭐︎
適量をお口に含み、20秒ほどすすいでいきわたらせます。
殺菌成分のある液体ハミガキを使うことでお口の中の菌を減らすことができるんだそう。
災害時などで水が少ない状況でも水ですすぐ必要なし⭐︎

ではオススメの液体ハミガキを…⭐︎
《 液体ハミガキ サンスター「ガム・デンタルリンス」》
歯周病菌を殺菌し、殺菌後の『菌の破片(LPS 注2)』をしっかり吸着除去すると共に、
炎症を防いでより効果的に歯周病(歯肉炎・歯周炎)を防ぐ液体ハミガキ♪

液体ハミガキ売り上げNO1!!の商品だそうです。

毎回のハミガキ=チューブに入ったペーストタイプ、と考えずに
すすいでから磨く!の新習慣もいいかもしれません⭐︎
液体なので隅々まで行きわたり、お口の中がスッキリした感じが持続すると感じる方も多いようです。

今回は、災害時に気をつけたいオーラルケアとオススメの商品をご紹介しました♪

ご購入はこちらから
▼▼▼