届きにくい奥歯の磨き残しにはコレ!!

749

磨き残しをなくすために、
歯間ブラシやフロスを使われている方は多いかもしれません。

今回は歯間ブラシでもフロスでもない
日本歯科医師会推奨商品
《 クリニカアドバンテージ デンタルタフト 》をご紹介します♪

みがき残しの集中ケア!気になるところに、ピンポイントで毛先が届き、歯垢(プラーク)を落としてくれるんです⭐︎歯並びが悪いところに、奥歯のみがき残しに特にオススメみたいですよ!

( 製品の特長 )
・市場最小レベルのコンパクトヘッド
口の中で動かしやすく、気になるところをしっかり磨けます。

・ロング先細毛
毛先が歯と歯のすき間の奥まで届いて、歯垢(プラーク)を落とします。

( デンタルタフトの使い方 )
ここではタフトブラシを使った、歯の磨きにくいところの磨き方4つをご紹介します。

1.歯並びが悪いところの磨き方
すき間に当てて上下に小刻みに動かします。
鏡でお口の中を見て、磨きたい部分をよく確認するようにして下さい。

2.奥歯の奥の磨き方
かみ合わせ面をしっかり磨きましょう。
ブラシ部が小さく、柄も細長いので、口を閉じ気味にすると奥まで届きやすくなります。

3.歯の裏側の磨き方
上の前歯の裏側にはシャベル状のくぼみがある場合があります。
ブラシをしっかり持ち、ひじを安定させると磨きやすいです。

4.つめもののすき間の磨き方
歯の治療をした箇所は歯間がデリケートになっている場合が多いので、
力を入れ過ぎずに優しく、歯と歯茎の間をなぞるように磨きましょう。

自分ではしっかり歯みがきしているつもりでも、どうしても磨き残しはしてしまうもの。
使いやすいアイテムですので、ぜひ毎日のケアにオススメです♪

今回はデンタルタフトをご紹介しました⭐︎