お口の中の現代病に注意⭐︎

594

ドライマウスという現代病をご存知でしょうか?

ドライマウスとは、ストレスなどの様々な理由から口の中の唾液の分泌が少なくなり口の中が乾いてしまう症状のことです。
最近はメディアなどでも取り上げられ、以前よりも言葉を聞く機会が多くなったように思います。
今回は、ドライマウスの症状、原因や対策方法について解説していきたいと思います♪

1.ドライマウスの症状とは?
ドライマウスになると、唾液が出にくく感じたり、口の中が乾いていると感じられ「口やのどが渇く」「パンやクッキーが食べられない」「口臭が気になる」などの症状が現れます。

一時的な緊張で口の中が乾いて感じることはあるとは思いますがそんなときは通常は水を飲めば戻る程度の渇きです。

常に口の中が乾いている状態が三か月以上続いているという場合、ドライマウスと診断されることが多いようです。ひどくなると、口の中がうずくような痛み・ただれ・ひび割れ・出血などの症状が出ることもあり、注意が必要なんです。

2.ドライマウスの原因

ドライマウスは、腎臓疾患・糖尿病・薬剤の副作用・老化・ストレスなど様々な要因により唾液が減ってしまうことで起こります。

近年の研究で、唾液が減ることの三大要因は「加齢」「常用薬剤の副作用」「噛む力の低下」であることがわかりました。

3.ドライマウスの予防法

1.お酒は適量に
アルコールが体内に入ると、利尿作用により水分が対外に排出され、脱水症状を起こします。体が脱水症状を起こすと唾液の分泌量も同様に減り、口の中も渇き易く、それによって口臭が強くなってしまいます。健康のためにはお酒の飲み過ぎには注意が必要⭐️

2.ストレスを溜めない
ストレスなどの緊張状態にあると、口の中は乾きやすくなります。日頃から簡単なストレッチや運動をしてストレスを溜め込まないようにしたいですよね♪

3.噛みごたえのある食事を心がける
ハンバーグや口どけのよいお菓子など、普段の生活で「噛む」ということがなかなか難しい食生活になってきていると言われています。
顎や舌といった口の周りの筋肉が衰えると、唾液の分泌がされにくくなります。
普段からさきイカや、茹でた豚もも肉、乾パンやモチ、たくあん、生の人参やセロリ、アーモンドなどのナッツ類、煎餅など、噛みごたえのある食品をすすんでとるように心がけましょう。

いかがでしたか?
今回はドライマウスについてご紹介させていただきました♪
健康的なお口の環境で、楽しい生活を送りたいですね⭐️