唾液のパワーがやっぱりすごい!

353

以前の記事でも何度かお伝えさせていただいていますが、

口内環境を整えておくためには「唾液を出すこと」がオススメです。

一口に「唾液」といっても、効果は様々。
今回はその唾液の効果と出し方についてお話したいと思います。

1.口臭予防

唾液の分泌が少ないと口臭になってしまいます。

2.ドライマウス予防

読んで字のごとく口の中が乾くのを防ぎます。味覚障害や感染症にも繋がります。

3.虫歯予防

唾液には虫歯菌を抑制する作用と、溶けた虫歯を修復する作用があります。口の中をアルカリ性に保ち、虫歯菌から出る酸を中和します。

4.歯周病予防

口の中をアルカリ性に保つことは歯周病予防にもなります。歯周病菌は口の中が酸性になると活動し始めます。

《虫歯、歯周病、ドライマウス、口臭は全てが繋がっている》

虫歯になる→歯周病になる→口臭が強くなる

ドライマウスになる→虫歯になる→歯周病になる→口臭がさらにつよくなる……

口の中をサラサラのきれいな唾液で満たしておくとこれだけの症状を抑えることが可能です。
ぜひ口内環境を整えておくためにも唾液を出したいですね♪

《唾液を出す唾液腺、ツボ3つ》

唾液は唾液腺から出てきます。特に大きいな唾液腺は3つあって、耳下腺、顎下腺、舌下腺です。

1.耳下腺

耳下腺は耳たぶのやや前方、上の奥歯あたりにあります。人差し指、中指ででその周辺を優しくグルグル回してみましょう。

2.顎下腺

顎下腺はアゴの内側の柔らかい部分です。耳の下辺りからアゴの先の部分まで優しく指圧する感じで動かしましょう。

3.舌下腺

舌下腺はアゴの先の尖った部分の内側にあります。下顎から舌を押し上げるようにグーッと両親指でグーッと押します。

まずはお試しを♪
仕事で集中してブレイクする時にも、顔面の筋肉が緊張している場合があるのでそれを解消するような形で唾液腺マッサージをしても良さそうです⭐︎