ブレイクタイムには何を飲む?

610

午後のオフィス、リフレッシュするためにも

コーヒーブレイクされる方は多いかと思います。

ただ、空腹時に特に口臭は強まると言われているので(飢餓口臭)、少し注意が必要かも。

これは唾液の分泌が減少し細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られるため。
唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。

そんな中でのコーヒーは口臭のもとだと言われているのでご注意を。

(逆に食後のコーヒーは食べ物の臭いを削減する役割もあるので大丈夫だといわれています♪)

空腹時と同様で口の中・喉が乾いている状態は非常に口臭が起こりやすい状態。

そんなときにコーヒーを飲むことは口臭を作る嫌気性菌が活発になり、口臭が起こりやすくなります。
緊張や喉が渇いているときにはまず、「お茶」か「水」が無難です。

お水に関して言えば、1日に1.5リットルから2リットルを目安に飲むのが良いと言われています。

気づいたときにがぶ飲みするので身体も吸収が難しいので、口臭対策のためにも20分にひと口、ふた口をこまめに摂ることを 心がけてみると良さそうです♪

ちなみに。。。
【コーヒーとタバコのタッグは危険!】
コーヒーを飲みながらタバコを一服する光景は街中、喫煙ルームでもよく見かけます。
ですが、タバコを吸ってコーヒーも飲んでとなると口臭は相乗効果で強くなると言われています。
タバコの場合もコーヒーの場合も口臭の原因は口の中です。とくに舌の表面に付着しているタールやコーヒーの粒子の汚れは時間がたって口の中のpH値が元に戻るまで消滅しないのです。

タバコを吸っているだけでも口臭はキツイですがコーヒーの口臭も加わるワケです。

コーヒーは現代では切っても切れないような飲み物。
好きな人にとってはコーヒー中毒と言う言葉があるように1日何杯も飲みたくなるものです。

だからこそ周りへのエチケットを意識することが大切。
美味しく素敵なブレイクタイムを過ごしてくださいね♪