花粉と口臭の関係!?

930

今年は暖冬です。
そのためこの時期でも例年より多くの花粉が飛んでいるとのニュースが。

「花粉症の季節は口臭の季節」ともいわれるほどその2つには密接な関係が。
まだ花粉本番にはもう少し時間がありますが、今からその理由を押さえておくことが大切です☆

鼻のズルズルや目の痒みに加えて、鼻づまりで眠れないなどなど・・・

その対策としてマスクをつけますが
マスクの中で不快な臭いがして、
そのあまりの臭いに、外す方も多いようです。

普段はそんなに気にならないのに、この時期になると悪化する口臭。
そこには3つの理由がありました。

「花粉で口臭が悪化する原因」

1:鼻がつまり口呼吸になってしまうため

花粉症になるとアレルギー性鼻炎になり鼻から透明の鼻汁がこれでもかと
まるで滝のように流れでてきます。(花粉症経験者ならわかっていただけるはず。。。)
そのためどうしても口呼吸になりやすく、口が開いて唾液は蒸発してしまいます。
こうして唾液が減るために口臭が発生しやすい口内環境になってしまいます。
口の乾燥を防ぐためにもこまめに水分を補給をし、
また臭いからと嫌がらずにマスクを付けることが大事です。

2:薬の副作用

2番目にあげられる原因が「薬」。
花粉症の薬には抗ヒスタミン薬などのような「唾液の分泌を抑える副作用」をもつ薬があり、
それを服用すると口が乾いて、口臭をアップさせます。

3:アレルギー性鼻炎から蓄膿症に

花粉症で鼻水がたくさん出るようになると、
鼻の中(副鼻腔)に鼻水が溜まるようになってしまいます。
そして今後は鼻の中に溜まった鼻水が原因で、「蓄膿症」という鼻の病気を引き起こしてしまいます。
鼻水の色が透明ではなく、黄色っぽい色がついたものが出る状態のことです。
蓄膿症になると膿の臭いが息に混ざり、結果口臭が強くなると言われています。

あと数ヶ月もするとまた辛い花粉症の時期が始まります。
本日は花粉と口臭の関係(原因)についてご紹介させていただきました。
当ページでは引き続き正しい対策方法や効果のある口臭対策グッズをご紹介していきます☆