胃と口臭の関係

894

どんなにお口の中をきれいにしていても、誰にでも発生する口臭「空腹時口臭」をご存知ですか?

空腹時にはだれでもこの「空腹時口臭」の発生があります。
口腔内粘膜は消化器粘膜の一部であって、口は胃や腸とも連携を持って活動していることが原因です。

胃の調子が悪かったり、胃炎や胃潰瘍などの疾患があると食べ物が十分に消化されず、胃の中で異常発酵してしまい、アンモニアなど悪臭を放つガスが発生します。
そのガスが血液により肺に運ばれた結果、口から吐き出され口臭となると言われています。

胃炎や胃潰瘍などが原因の場合は、もちろん早めの内科医を受診が必要となりますし、そういった疾患ではなく胃の調子が悪くなるような場合、ストレスや食生活の乱れ・飲酒・喫煙などが大きな原因と考えられます。

先日「口臭を予防してくれる食べ物」としてもご紹介させていただいたように、野菜や果物に含まれるビタミンCは胃酸によって胃が荒れるのを防いでくれる作用があります。また、食物繊維を多く含む大豆やごぼう・海藻類などを積極的に摂取し、胃の消化を助けるのも口臭予防に非常に効果的と言えます。
逆に肉や揚げ物などの脂っこい食事は消化に時間がかかるため、胃に負担がかかります。胃の調子が悪い時は野菜や果物中心の食生活に切り替え、普段からもバランスの取れた食生活を心がけることが「空腹時口臭」を最低限に抑えてくれます☆