口臭予防実践 食事編

695

予防や対策のために実に多くの製品が販売されています。
このページでもすでに幾つかをご紹介させていただきました。

そこで今回はツールではなく毎日の食べ物で口臭予防に適した食材をご紹介していきたいと思います。
生活の一部である「食事」で一緒に予防ができるならこれほど楽なことはありません。

代表としてとても有名なのが、ポリフェノール・ビタミンD・アルカリ性食品の三つのカテゴリー。

◎ポリフェノールを多く含むもの
緑茶、さつまいも、ココア、ぶどう、ゴボウ、山芋、シシトウガラシ 

◎ビタミンDを多く含むもの
魚、きくらげ、卵黄、きのこ類

◎アルカリ性食品
梅干し、レモン、酢、緑黄色野菜、海藻類、大豆、牛乳、リンゴ等

もちろんどれも大量に摂取すれば良いというわけではありません。食事のバランスを崩してしまっては体調不良による口臭を引き起こしかねません。特に塩分を多く含む梅干しなどは適度に摂取しましょう。
緑茶やその他のお茶、ココアを摂取する際は、砂糖を入れずに飲むことをオススメします。ぶどうにも糖分が多く含まれているので、摂取のし過ぎには気を付けてください。酸性食品である肉や魚を多く摂取する際にはレモンの絞り汁をかけたり、副菜として豆腐やサラダでバランスをとると良いかもしれません。

毎日の食事の中でちょっと意識するだけで、バランスのとれた栄養摂取と同時に口臭予防ができそうですね☆