【 お手入れを習慣に 】

808

これまでの投稿でも何度か登場した「舌苔」「歯垢」「歯石」…
それが発生する原因や口臭のもととなる

理由などについてもご紹介してきました。

そこで今回は具体的な対処法について改めてご紹介していきたいと思います。
どれもすぐにできる簡単なお手入れ方法ですので、毎日の歯磨き時にセットで行えるとベスト!

POINT1☆ 舌(舌苔)の清掃
舌にこびり付いてしまった「舌苔」はブラシで丁寧に直接清掃しましょう。
奥から手前に向かって、軽い力で動かして清掃してください。
ただし舌は非常にデリケートな組織なので決して力を入れ過ぎないこと。
そのままやってしまっては「おえっ」となりやすいので、舌を思い切り前に押し出すのがコツです。

POINT2☆ 歯垢(プラーク)を除去
歯と歯の間、歯と歯茎の境目など舌苔の原因となる食べカスや、歯垢(プラーク)はしっかりと磨いて除去しましょう。
また歯並びの悪いところや歯のすきまは毛先が届きにくくプラークが非常に残りやすいので、
「デンタルフロス」を併用することで除去率をアップさせ、効率よく落とすことがお勧めです。

POINT3☆ デンタルリンスで細菌を増やさない!
殺菌剤配合のデンタルリンスで舌苔の元となる細菌を殺菌し、舌苔の拡大を阻止することは、口臭予防にも大きな効果があります。
特に寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、口の中の自浄作用が低下しますので、就寝前の使用がより効果的と言われています。