口臭対策に「アンカリング」?

932

「口臭対策」実にいろんな方法が紹介されていますがこんな方法もあるんです。
それは…人間の「だ液」。

実はだ液には口内の強い殺菌・抗菌・洗浄効果があり、口臭予防には欠かせません。
口臭対策グッズを用いて細かなところまで口内ケアをしても、残念ながら「だ液」が減れば必ず口臭が出てきてしまいます。
「口臭を防ぐにはいかにだ液分泌量を多い状態に保つかにかかっている」といっても過言ではないようです。

それだけ大事なだ液をお手軽に増やす方法の一つとして、「すっぱいものを思い浮かべる」という手があります。
冗談の様に聞こえてしまうかもしれませんがとっても真面目な口臭対策法です。
例えば梅干しを見るとすっぱい感覚がわき起こり、勝手にだ液が出ますよね。
レモンをかじったところなんて、想像するだけでじんわりと出てくるかと思います。

もちろん実際に酸っぱいものを食べてだ液を出すのが最も自然な方法ではありますが、人はある特定の刺激に対して決まった反応をすることがあります。この「刺激と反応の組み合わせ」は意図的に作り出すこともでき、それをNLP(神経言語プログラミング)では『アンカリング』と呼びます。野球選手が打席に入るときに必ず同じ動作(儀式)をしますが、あれもアンカリングの一種といわれており、集中力を高める効果があります。

外出先での急なミーティングやご挨拶時など、カバンの中にミントやサプリなどの強い味方があればもちろんGOOD。
でも「あっ、忘れてしまった(切らしてしまった)!」なんてこともありますよね。

口臭対策方法の一つとして、今日はアンカリングをご紹介させていただきました!
 
 

口臭が気になる方へ、人気の口臭対策ベストチョイス!